Blog

2020/4/12

備忘病気録

4月9日の書き込みで「そこで即入院措置と相成った」と書いたが、その続きが3月25日の書き込みである。

その頃の自宅療養中の私はひどい有様だった。正月三が日だけ発熱がなかったのだが、他の日は毎日、日によっては数度38度の発熱と解熱を繰り返していた。2日には映画館にSWの最終作を観に行っているので、その頃の私の危機感のなさ、病状への軽視が見て取れる。実際とても体調が悪かったのに、そんなに深刻な状態だと自覚してなかったのだ。無論全くしていなかったわけではないが、実際は思っていた以上に悪い病気だった。さすがに1月8日の診察後次の予約が1月後半になってしまった時は不安を感じた。

発熱の予兆が分かるようになっていたので、そうなったらアイスノンと氷嚢を用意した。アイスノンは一つ買い足して2つ使用するようになった。全身の痛みも続いていたので、飲み物を飲むために体を起こすのも難儀だった。4月3日の書き込みにも書いたがストローが付いているペットボトルキャップは本当にありがたかった。この商品の存在を思い出すまではマグボトルで飲んでいた。マグボトルは片手で開けられてそのまま口をつけて飲めるタイプのものだったので、コップに移し替えるタイプのものよりは飲みやすかったのだが。

発熱してもしばらくすれば解熱するのだが、発熱と解熱の繰り返しが体力を削いでいるのは分かっていた。それに排便の問題もあった。このころはほぼ便秘が続いていて、たまに排便がある時はとても苦しまされた。のちにそこが敵の本丸であることが分かるのだが、そのころはそんなことは預かり知らぬことだった。

思い返してみると、少し前から、ただ排便をするだけなのに腹痛を伴うようになっていた。病気はあの頃すでに始まっていたのかもしれない。

≫ Read More

ブログ   2020/04/12   たじま