Blog

療養記

病気について少し記そうと思う。

私が罹ったのは消化器の病気だ。そのため、用を足す機会が格段に増えた。花粉症の人にはわかってもらえると思うのだが、肌にティッシュやトイレットペーパーを何度も当てていると、肌がダメージを受け始める。メインの病気による痛みと比べるとささいな症状なのだが、この病気は慢性疾患であるため、長期戦に備えることにした。

病院に電話して、担当医に塗り薬を処方してもらうのがいいのか、その辺のドラッグストアにある市販薬でもいいのか問い合わせた。いまどき、病院にはなるべく行きたくない。「取り敢えず市販のものでいいそうですよ」電話で取り次いでくれた人が先生からの伝言をくれたので、買い物に出かけた。そこで買ったのが小林製薬「オシリナ」。さすが安定の小林製薬、直球のネーミングだ。これ以上なくお尻用の薬だと分かりやすい。

そういうわけで、塗り薬で肛門の周りの肌の状態を保つようにしているのだが、痔の治療というわけではないので、保湿用ボディオイルなどで十分だったのではないかと思い始めた。無印良品のホホバオイルを使っているのだが、それとか。

ブログ   2020/03/30   たじま
≪ 療養日記  |  備忘病気録 ≫

Comment on this article

Send comments

  ※ Email will not be published
Loading...
 Please enter the letters of the image